トップ

岩沼市は宿場町から発展したまち

岩沼市というところは

宮城県岩沼市の人口と歴史

宮城県岩沼市は人口4万4千人の宮城県南東部にある市です。奥州街道と陸前浜街道が分岐する宿場町から発展した市でもあります。北部には仙台空港があり、市の観光や歴史的な祭りを楽しむ観光客で賑わいをみせています。阿武隈川河口の北岸に位置する岩沼市の歴史は古く交通の要衝であり、多賀城へ行き来する官人のための旅館が多くあり、重要な宿場として栄えていました。岩沼城の城主は伊達氏の家臣となり、岩沼藩ができ、その後仙台藩に復帰するという歴史があります。NHKのBSプレミアムの「日本縦断こころ旅2015”春の旅”」ではこころの風景とエピソードが放映され印象に残る場所が人気を集めています。思い出の場所、心に残る場所にまつわるエピソードが紹介されました。人口も安定して古くからの住民の親切な心とあたたかい様子は心打たれる日本の原風景でもあります。東北本線岩沼駅が開場したのが1887年、2年後に町村制施行により、岩沼本郷が名取郡岩沼町となり、1960年に現在の市となりました。その3年前に仙台空港が民間空港として営業を開始し現在にいたっています。古い歴史の祭りや観光地を大切にする住民と市が一体となり協力する市でもあります。

岩沼市の人口の情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 岩沼市は宿場町から発展したまち. All rights reserved.